Mastodon(マストドン)に触れて思ったこと。

eye catch image

話題の新進気鋭SNS、Mastodon(マストドン) に触れていろいろと思うところがあったので、ファーストインプレッションをぱぱっと残しておこうと思います。 Mastodon(マストドン)とは Mastodon(マストドン、以下同)は新しいSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。 ドイツの24歳の青年が作ったらしいです。 Wikipediaによれば、SNSとしてはマイクロブログ(ミニブログ)というものに分類されるようです。 興味深いのはTwitterが140文字をひとつの区切りとしているのに対して、Mastodonは現在、最大500文字まで入力可能となっている点。 これまでの分類では(少なくとも日本では)「マイクロブログ」と「ミニブログ」はやや同義で遣われていた向きがあるけれど、これからはマイクロブログは200文字くらいまで、ミニブログは500文字くらいまで、といったように区別されていくかもしれないなと。まースマホとタブレットの境界、みたいにどうでもいいっちゃどうでもいいけど。 Mastodonの特筆すべき点は分散型プラットフォームや分散型SNSと言われ、サーバーやそのオーナーが1箇所ではないというところ。これが非常にユニークです。 これについてはインスタンスというMastodon用語と絡めて後述します。 尚、ページの最下部にMastodon用語をまとめていますので、本記事に登場するわからない用語はそちらを参照してください。 画面と機能の簡単な紹介 上は実際にMastodonにログインしたときの画面。 デスクトップ場合、全体が4つの窓に分割されているデザインとなっています。 左から、新規投稿、ホーム、通知、スタート(メニュー的なもの)となっています。 新規投稿 自分の投稿(トゥート)を作成するための窓。 入力のためのテキストエリアがあるほか、画像追加ボタン、公開範囲ボタン、CW(コンテンツワーニング、閲覧注意)ボタン、文字数カウントと「トゥート」ボタンがあります。 ツイッターでは投稿はそれぞれ「ツイート」と呼ばれますが、Mastdonでツイートにあたるのがこのトゥートということのようです。 本記事でも以降は投稿を「トゥート」と記述します。 ホーム ホームには自分のトゥートと、自分がフォローしているユーザーのトゥート、及び自分がフォローしているユーザーがブーストしたトゥートが表示されます。 通知  ログインユーザーへの以下の通知が表示されます。 新しいフォロワー お気に入り 返信 ブースト スタート  メニュー的なもの。以下の項目が選択できます。 ローカルタイムライン 連合タイムライン ユーザー設定 お気に入り ブロックしたユーザー サーバー情報 ログアウト 触ってみて感じたMastodonの良いところ とりあえず登場したばかりということでコミュニティが盛り上がってる! リアルタイムでタイムライン表示が更新される!タイムラインを見ていると流れが速すぎてトゥートを読むことができないほど。(笑) 発言が気楽。「この流れなら言える」じゃないけど、タイムラインの流れが速すぎてまさに「この速さなら言える」という感じ。 日本語ローカライズが不十分で、ボタンやリンクの日本語がところどころ変なところ。(笑) 逆に愛せるって意味で良いなと。 「連合」って! インスタンスが分散されているため、特定の企業や組織にプラットフォームが牛耳られることがない、ということ。 つまりTwitterならツイッター社、FacebookならFacebook社が運営してるけど、Mastodonは管理者がインスタンスごとに存在する。 また、そのためインスタンスを建てる技術力さえあれば個人でもインスタンスを運用できるということ。 イメージしづらければ、掲示板を思い浮かべてみるとわかりやすいかも。 掲示板というプラットフォーム=Mastodonというプラットフォーム 板=インスタンス 板の管理者=インスタンスの管理者 インスタンス同士がつながる、という概念がユニーク。 エンジニア向けのエディタっぽい暗い背景色がいい感じ! さもドイツ人が作った、って感じ。 インスタンスの管理はインスタンスの管理者次第。 機能の改善 …