俺のBrewfileが完成したので晒す

「ぼくのかんがえたさいきょうの」的な釣りタイトルにしようかと思ったけど、結局のところなにが最強かはその人の使い方次第だしね。

というわけで俺のBrewfileです。

https://gist.github.com/yutarot/600feb83f305302a4fc61f5640ca2be8

補足

以下、補足です。

HomebrewはmacOS用のパッケージマネージャーです。

 

のようにターミナルから実行することで、主にCLI環境で使用するパッケージをインストールします。

また、Homebrewにはcaskというオプションコマンドが組み込まれており、これを利用することでCLI向けのパッケージ以外の、通常のアプリケーションもインストールすることができます。

たとえばGoogle Chromeをインストールしたい場合、

 

という具合にしてインストールすることができます。

google-chrome のような、インストール対象の実際の識別子は最初知らない場合が多いと思いますが、そのような場合には以下のように search のオプションコマンドを使って検索することができます。

 

Formulaeは brew install を使ってインストールするCLI環境向けパッケージ、Casksは brew cask install を使ってインストールするGUI環境向けのアプリケーションです。
これらsearchコマンドによる検索結果を頼りに、自分のインストールしたいアプリの識別子を見つけていくことになります。(今回はgoogle-chromeが正解)

さらにさらに、masというコマンド/パッケージをインストールすることで、Mac App Storeで配布しているアプリケーションもコマンドでインストールすることができるようになります!

 

上記の通り、masもcaskと同様にインストール対象のアプリケーションの識別子を調べる→インストール、といった手順になります。

極めつけに素晴らしいのは、Homebrewに組み込まれたbundleというオプションコマンドを利用することで、brewで管理しているこれらパッケージ/アプリケーションの状況をファイルにエクスポートしたり、そのファイルを利用してインストール自体を自動化できるということです!

 

冒頭のBrewfileはこのコマンドによって生成されたものになります。

このようにインストール対象のパッケージやアプリケーションをファイルに出力することにより、Git等を使ってバージョン管理したり、人に配布/共有したりすることができます。

そしてこのBrewfileを利用して次回インストールするときは

 

これだけです。

あとはHomebrewが必要に応じて brew-cask や brew-bundle や mas をインストールしながらBrewfileに記述されたパッケージ/アプリケーションを順次インストールしてくれます。ブラボー!

まとめ

Homebrew(+cask +mas +bundle)を利用することによって、次回Macを買い替えたりクリーンインストールしたときは以下の3ステップで必要なアプリを自動インストールできる環境が整いました。

 

Homebrew(+cask +mas +bundle)の環境を導入することで得られるメリットは以下です。

  • Brewfileを利用することで管理中のパッケージ/アプリケーションをGitなどでバージョン管理できるようになる
  • Brewfileを共有できる(職場のマシンや同僚への共有etc)
  • パッケージ/アプリケーションのインストールを自動化

いやー本当にいい時代だなって思います。

あなたも新しいMacが届くたびにいちからアプリをポチポチインストールする生活から開放されて、自動化された世界で幸せなMac生活を初めてみませんか?

ではでは。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *