hp EliteBook 2560pのBluetoothを復活させた話

eyecatch

yutarotです。 早いもので、気付けば2017年ももう10月の終わりに近づき。ここのところお仕事が忙しいこともあり、1月からなんだかんだ週2ペースを保って続けてきたジム通いも2か月くらいサボっています。 そしてそんな時期に限って各社からシーズンもののおいしいビールが出たり、ごはんがおいしかったりするのですよね。琥珀エビス最高。割れかけた腹筋よ、さようなら。 さて、そんなこんなでブログも相変わらずサボりまくりなのですが、生存確認がてら久々にPCいじりをした話をしてみようと思います。 hp 2560pのBluetoothが死んでいる タイトルの通りなんですが、新人のころに買ったhp EliteBook 2560p、こいつのBluetooth機能が死んでることに気づいたのがコトの発端。 。。。 そういえば、他に書く機会もなさそうなので、いきなりちょっと本題から脇に逸れて、こいつとの馴れ初め?(笑)を軽く書いてみようかなと。 hp EliteBook 2560pとの邂逅、オプションの選択ミス このhp EliteBook 2560p。買ったのは社会人一年目、世の中的に64bitマシンが出てきて徐々に会社のPCなんかを移行してかなきゃね、みたいな時代で、とはいえまだ全然普及してるとは言い難かった時期に、64bit版Windowsと32bit版Windowsが選択可能な売り方をされていて、先見性のなかった無垢な新人の私は32bit版を積んだほうを購入したのが最初の出会いでした。 その当時はまだ64bitに対応したアプリなども少なかったし、もうしばらく(PCの耐用年数、4年くらい)は32bit版でいいのかなと思ってしまったんですよね。 結果的にそれは間違っていたのですが。。 やっぱりbit数もそうですが、CPUとかメモリとか、新しいもの・性能のいいものはすぐにどんどん普及していくものだし、これからなにか新しいものを購入しようと思ったら、その時点の最高のものを購入しておいて間違いはないですね。 結局この2560p、購入してしばらくは問題なく使用していたんですが、1年くらいするともう世の中の64bitへの移行は大体済んでいて、会社で64bit/8GBメモリ積んだPCなんかを使っていると、もう自宅で32bit/4GBメモリのマシンでは苦痛を感じるようになってしまい。 そんなころに職場で他の人が使っていたMacbook Airに一目惚れして、Intel Core i7/メモリ8GB/SSD256GB/11インチ(今はなくなっちゃいましたね)のMacbook Airを購入して、以降この2560pは机のひと角を温める存在(スーパーサブ)となっていたのでした。 冬の時代(文鎮化)と春(Windows10)の到来 それ以降、この2017年の現在もそのMacbook Airは主力マシンとして活躍してくれているのですが、昨年2016年、Windows7からWindows10へのアップデートポップアップ?かなんかの話が盛り上がった際、もともと32bit版のマシンでも、アーキテクチャが対応してれば64bit版にアプデできるよ、みたいな話を知って、Windows10ってどうなのと気になってはいたし、どうせ半文鎮化してるわけだし、64bitWindows10にあげてみよう、しかもどうせならこの際SSD換装とかメモリ増強とかやっちゃおう、どうせ壊れても実害ないし。ってことでやってみたわけです。 その時の結果は以下の通り。 旧 新 OS 32bit Windows7 Pro 64bit Windows10 Pro CPU Intel Core i5-2410M @2.30GHz Intel Core i5-2410M @2.30GHz ※変更なし ディスク HDD320GB SSD256GB メモリ 4GB 16GB …