弊マストドン(mstdn.binfish.jp)の構成と費用について

弊お一人様丼の構成が整ってきたので、ここらで一度構成や費用について簡単にまとめておく。 システム構成について ConoHa (東京リージョン) ロードバランサ リーストコネクション DSR方式 Web Server (App) OS: Ubuntu 18.04.1 LTS vCPU: 2 Core RAM: 1GB SSD: 50GB DB Server (DB) OS: Ubuntu 18.04.1 LTS vCPU: 2 Core RAM: 1GB SSD: 50GB AWS (東京リージョン) Amazon S3 (Media) その他特記事項 2つのドメインで運用 https://mstdn.binfish.jp https://binfish.social (ただしbinfish.socialはmstdn.binfish.jpにリダイレクトする) ConoHaのWebサーバとDBサーバはプライベートネットワークで接続 アプリサーバが1台ならバランサイラネーじゃんというのは、はい。そうです。なんですが、そこはまぁ遊び半分、勉強半分です。 あと過去に1回、バルス祭りのときに増強したことがあるので、まぁやろうと思ったらいろいろできるよというところで。   費用について ※参考値(2018年9月費用) ConoHa (App, DB) VPS …¥900 * 2 …

バルス祭り結果報告(マストドン)

eye catch image

バルス!!! ってことでバルス祭り(ラピュタ地上波放送)に合わせてちょっとだけマストドンのシステム構成いじってみたのでその記録。 システム構成 APサーバを2台に増やした上で、APの各サーバのメモリを2倍+DBサーバは4倍に! 単純計算で4倍になりました。 *Sidekiqの起動プロセス/スレッド数も各サーバ2倍に設定しました Sidekiq CPU 結論 増強なくてもいけんじゃね。 (おひとり鯖なんてこんなものか。。) 一応各所のコメントをざっと見た感じ、 バルスの威力はフォロー/フォロワーのクラスタに依存しそう Sidekiqのジョブが溜まってキューが詰まる 詰まった結果TLが遅延する でもよっぽど大きなインスタンスじゃない限り落ちない って感じらしい。 所感 次はなにも対策せずに通常構成のまま臨みたい。さすがに落ちるかな。というか落ちろ。 バルス!!!   ではでは。

ConoHaのいいところ。

conoha

前回の予告通り、今回はConoHa(このは)のいいと思うところについて書いてみようと思います。 ConoHaって? クラウドでVPS(Virtual Private Server, 仮想プライベートサーバ)を提供するサービスです。まぁ詳細な説明はリンクに任せるとして、ざっくり言うと レンタルサーバ屋 GMOインターネット(お名前.comの会社ね)が運営している 2013年7月ごろからサービス開始した新進気鋭のサービス 2015年5月ごろに全ストレージにSSDを採用しリニューアル といった感じです。 で、なにがいいの? で早速本題ですがそのConoHaさん。他にもたくさんのレンタルサーバサービスがある中でなにが他よりいいのかということですが、私が感じるConoHaのいいところは以下です。 管理者コンソール(コントロールパネル)が充実してる 再構築、スケールアップ、スケールアウトが簡単 最初から用意されてるOSイメージ、アプリ構成が豊富 次から順にお話していきます。 1.管理者コンソール(コントロールパネル)が充実してる 一つ目、なによりもまず言いたいことはConoHaは管理者コンソールがとても充実している、ということです。しかもそれだけじゃない。とてもわかりやすいんです。これとっても重要。 どうでしょう。ひと目でどこになにがあるか、いま何が表示されているかおわかりいただけるのではないでしょうか。 いくらモノが充実していたとしても、目的の場所に瞬時に辿り着いて使える状態でなければ意味をなさないということはみなさんご存知の通りかと思います。 2.再構築、スケールアップ、スケールアウトが簡単 これらのメリットはすべてストレージがSSDであることに起因しています。 最初にサーバを追加しようと決めてコントロールパネルから”追加”を押してから、ものの数秒で構築が完了。 ConoHa公式サイトでは25秒で構築完了と紹介されてますが、誇大でもなんでもないです。実際そのくらいで新サーバが立ち上がる。 私は最初このブログを立ち上げるまでに試行錯誤で1時間以内に3回くらいサーバ再構築を実行しましたが、全く苦にならなかったです。 スケールアップとスケールアウトはサーバ増強の用語ですが、要するに必要なときにサーバのCPUやメモリ、またはサーバ台数等を瞬時に増強できるということです。 しかも1ヶ月以内のサーバ利用の代金は固定月額ではなく利用日数に応じて請求されるというのもメリットのひとつ。これは例えばなにかのイベントの実施等で1週間だけ増強したいといった場合に、一週間分の利用料で済むということです。お財布にも優しいね! 3.最初から用意されてるOSイメージ、アプリ構成が豊富 これは掲題の通りです。通常レンタルサーバを利用する場合、自分で利用したいOSのイメージディスクを用意することも多いですが、ConoHaはデフォルトで用意されているOSイメージ、アプリ構成が豊富なのでほとんどここから選択で用は足りるのではと思います。 ここでは2016年4月30日現在選択可能なOS/アプリ構成をリストアップしておきます。 OS CentOS 7.2 (64bit) 7.1 (64bit) 6.7 (64bit) 6.7 (32bit) 6.6 (64bit) 6.6 (32bit) Ubuntu 14.04 (64bit) 14.04 (32bit) 12.04 (64bit) 12.04 (32bit) Debian …