新しいMacbookが届いたらインストールするアプリ[備忘][Webエンジニア向け]

eye catch

というわけで先日新しいMacbookを入手したので、インストールするアプリを整理する。(gistで随時更新中) Alfredは1台前のMacbook Airには入れてたけど、大したことしてない(というかほぼデフォルト設定のまま)なのでSpotlightで事足りる気がしていまのところ検証中。 => やっぱり入れました 最近AtomからVisual Studio Codeに乗り換えました。 Webエンジニア向け、とタイトルに書いたけどいまのところJava/HTML/CSS/JavaScriptしか触ってません。 Ruby, DeepLearningあたりに手を出していきたい今日この頃。。 ではでは。

MacBookPro2013Lateを買った(後悔はしていない)

Old MacBook with lighting Apple logo

Late2013のMacBook Proを買った。 2013年の話でも、2014年の話でもない。何を隠そう発売5年になんなんとする2018年3月の話である。 以下に事に至った経緯を述べる。 後悔はしていない。が、異論も認める。 これまで使っていたマシン モデル MacBook Air (11-inch, Mid 2012) CPU デュアルコア2.0GHz Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、4MB共有三次キャッシュ メモリ 8GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ ポート等 USB 3ポート(最大5Gbps)x 2 Thunderboltポート(最大10Gbps)x 1 MagSafe 2電源ポート キーボード JIS(日本語配列) 購入年 2012年夏 充放電回数 700回(本記事執筆時点) 修理歴等 キーボードの「K」などいくつかのキーが認識されないトラブルにより1度トップケース交換を実施 Appleの仕様に関する公式ページ どんな人が使うか(筆者について) プログラマ(Web系) 職場ではWindowsを使用 私用では2012年来Macがメイン 職場で半ば強制的にUSキーボードを使い始めて6年目。今ではすっかりUSキーボードの虜 動画作成やPCゲーム/ネットゲーム等はやらない 主な用途(どう使っているか) プログラミング(Web) Eclipseとその派生 Atom -> Visual Studio Codeに移行 機械学習(ニューラルネット)に興味あり ターミナル作業 …