俺のBrewfileが完成したので晒す

eye catch

「ぼくのかんがえたさいきょうの」的な釣りタイトルにしようかと思ったけど、結局のところなにが最強かはその人の使い方次第だしね。 というわけで俺のBrewfileです。 https://gist.github.com/yutarot/600feb83f305302a4fc61f5640ca2be8 補足 以下、補足です。 HomebrewはmacOS用のパッケージマネージャーです。 $ brew install python   のようにターミナルから実行することで、主にCLI環境で使用するパッケージをインストールします。 また、Homebrewにはcaskというオプションコマンドが組み込まれており、これを利用することでCLI向けのパッケージ以外の、通常のアプリケーションもインストールすることができます。 たとえばGoogle Chromeをインストールしたい場合、 $ brew cask install google-chrome   という具合にしてインストールすることができます。 google-chrome のような、インストール対象の実際の識別子は最初知らない場合が多いと思いますが、そのような場合には以下のようにsearch のオプションコマンドを使って検索することができます。 $ brew search chrome ==> Formulae chrome-cli chrome-export ==> Casks chrome-devtools chrome-remote-desktop-host chromedriver dmm-player-for-chrome epichrome google-chrome mkchromecast homebrew/cask-versions/google-chrome-beta homebrew/cask-versions/google-chrome-canary homebrew/cask-versions/google-chrome-dev   Formulaeはbrew install を使ってインストールするCLI環境向けパッケージ、Casksはbrew cask install を使ってインストールするGUI環境向けのアプリケーションです。 これらsearchコマンドによる検索結果を頼りに、自分のインストールしたいアプリの識別子を見つけていくことになります。(今回はgoogle-chromeが正解) さらにさらに、masというコマンド/パッケージをインストールすることで、Mac App Storeで配布しているアプリケーションもコマンドでインストールすることができるようになります! $ mas search …