マストドンにGoogle Analytics Tracking Codeを埋め込む

分散SNSのマストドン(Mastodon)にGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んだ際のメモ。 ソースコードをいじらないとだめかなと思ったけど、Nginxのngx_http_sub_module を利用することでソースコードをいじることなくGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込むことができた。 参考) Nginx公式ドキュメント 概要 nginxのngx_http_sub_moduleを利用し、HTTPレスポンスに含まれるHTMLタグを置換してGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込む。 前提 対象のマストドンインスタンスはConoHaでマストドンのアプリケーションイメージを使用して建てたもの マストドンを建てるにあたっては、上記手順にもあるConoHaのセットアップスクリプトを利用している (nginxの設定ファイルなどが上記セットアップスクリプトの利用の如何によって変わる) 各種バージョン Ubuntu 16.04.5 LTS (Xenial Xerus) Nginx nginx/1.10.3 (Ubuntu) Mastodon v2.4.3 実際のところマストドンのバージョンはなんとなく書いてみただけで、別になんでも良い. 重要なのはNginxで、今回利用するngx_http_sub_moduleのモジュールが含まれていることが必要となる。 モジュールが利用可能かどうかは下記のコマンドで確認することができる。 $ nginx -V nginx version: nginx/1.10.3 (Ubuntu) built with OpenSSL 1.0.2g 1 Mar 2016 TLS SNI support enabled configure arguments: –with-cc-opt=’-g -O2 -fPIE -fstack-protector-strong -Wformat -Werror=format-security -Wdate-time -D_FORTIFY_SOURCE=2′ –with-ld-opt=’-Wl,-Bsymbolic-functions -fPIE -pie …